作業者

ベランダの防水加工は必要不可欠|実績のある業者に依頼

施工の内容を確認

ベランダ

ベランダやバルコニーのメンテナンスは、外壁塗装と防水工事がメインとなります。外壁塗装で壁面のメンテナンスを、防水工事で床面のメンテナンスを行うのです。施工を行う事で家の中に水が入り込むのを防ぎ、家の寿命を延ばせます。

十分な実績を持つ業者選び

屋根

大阪でベランダやバルコニーの防水工事を行うという場合、業者選びを慎重に行う必要があります。実績の少ない業者だと、的確な工事が出来ないケースも考えられるので、できるだけ実績があり信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

雨被害の改善と対策

手

雨漏りしてしまった場合、早目に修理業者へ連絡しましょう。雨漏りの状態や家の状態を徹底的に調べて、それぞれに合った修理を行ってくれます。さらに、再発防止対策なども行ってくれますし、自分で行うより早く、また確実に解決出来ます。

業者に依頼する理由

ベランダ

DIYは時間稼ぎ

ふと気が付くとベランダにひびが入っていた・・という家も少なくありません。ベランダは紫外線や雨などのダメージが蓄積しやすく、ひび割れなどの劣化が起こりやすい箇所です。新築から5年も経てば、ベランダには劣化の症状が現れると言われています。早めに劣化対策を行わなければ、ひび割れから雨洩りするなど大きな被害が出る恐れもあります。このような状態にならない為には、ベランダの防水工事を行いましょう。家のメンテナンスとしては、防水工事を行うというイメージが湧かないという方が大半のようです。しかし、防水工事を怠ってしまうとベランダの劣化は、どんどん進んでしまいます。DIYやセルフリフォームが人気という事もあり、自分で防水塗料を購入しリフォームするケースも増えているようです。ただし、DIYはセルフリフォームはその場しのぎの対策でベランダの劣化対策としては、ただ単に時間稼ぎにしかなりません。ホームセンターには素人でも取り扱える、防水塗料が販売されています。業者に頼むより安上がりだという事で、自分でリフォームする方もいるのです。自分で行えば当然、費用を抑える事は出来ますが市販されている塗料と、業務用の塗料には機能性と耐久性に大きな差があります。市販の塗料はすぐに防水性能が落ちてしまい、結局劣化が進んでしまうのです。市販の家庭用塗料は3年、機能が持てば良い方と言われています。一方、業者での施工であれば、約10年間は塗料の機能が続きます。機能性も高くメンテナンスのスパンも長い業者の防水工事は長い目で見るとお得なのです。