家

ベランダの防水加工は必要不可欠|実績のある業者に依頼

施工の内容を確認

ベランダ

塗装と雨洩り対策がメイン

ベランダやバルコニー部分は、特に雨洩り対策をしなければいけません。雨が直接当たる箇所という事もあり、ベランダやバルコニーが劣化してしまうと雨洩りを起こしてしまうためです。たかが雨洩りと感じるかもしれませんが、雨洩りを放置してしまうと家の室内部分も湿気によって劣化してしまいます。ベランダ・バルコニーのメンテナンス不足は、家の寿命を縮めてしまう事に繋がるのです。ベランダなどのメンテナンスとしては、外壁塗装と防水工事がメインとなります。ベランダ・バルコニー部分の壁に塗装を施し、床面には防水工事を行う事によって防水機能をアップさせるのです。雨洩り対策をするのであれば、外壁塗装は必要ないと感じるかもしれません。ですが、壁部分の塗膜が剥がれる事によっても、ひび割れが起こり雨洩りするリスクが上がります。外壁塗装もベランダ・バルコニーのメンテナンスとしては、必要不可欠です。床面の防水工事は大きく分けて2つの施工法が行われています。ウレタン塗膜防水工事とFRP防水工事の2種類です。どちらの施工法も1回行えば、約10年間程度は防水の効果を発揮します。10年に1回のスパンでメンテナンスを行えば、より家の劣化を抑える事が可能です。ベランダやバルコニーから雨洩りし始めている時はもちろん、ひびが入っている、壁の塗装が剥がれているといった症状があったら、早めに外壁塗装と防水工事によるメンテナンスを検討してみましょう。